リターンに向けて最初の難関

「リターンライダーになりたい!」

一度そう考えてしまったら、もう気持ちを胸に引っ込めるのは難しいもんです。生活の色んなところで誘惑を受け、今すぐにでもバイクに乗りたくなってしまい、どうしようもありませんでした。

家族で買い物に出かければ道を走っているバイクを目で追ってしまったり、駐輪場に停まっているバイクを眺めてしまったり、それから職場でバイク通勤をしている人に色々話を聞いたりと…… とにかく何をするにもバイクのことが頭の片隅にあって、ほかの事に100%集中できなくなってしまうんです。

「こんな状況ではいかん!」

そう思いましたね。だってこんな雑念を抱えて我慢して過ごしていたら、逆に家族や仕事に支障がでてしまいますから。“思い立つが吉日”なんて言葉がありますもんね。悩むのはやめて、思い切って前に進む決心をしました。「リターンライダーになる!」と、気持ちは目標へと変わりました。

バイクに乗るためのまず第一の難関

さてさて、リターンライダーになるという目標は立ったものの、その目標をスタートするためには、最初にして最大の難関が待ち構えていました。それは家族に「バイクに乗っていい?」と、相談することです。「駄目!」なんて言われることは無いと思うんですが、それでも悩まれちゃうとは思っていたので、打ち明けるには勇気とタイミングを必要としました。

知人には、勝手に教習所の入所手続きを済ませたりバイクの契約書を持って奥さんに報告したって言う人もいるんですが、僕にはそれはできないなぁ(汗)。如何せん、財布の紐は完全にかみさんが強く締め付けているもんですから(苦笑)。先に相談、それからでないと進めません。

もし万が一反対されたら、どう説得するかを今考え中です。「危ない!」と言われたら、「危険な運転はしないし、危ないバイクには乗らないよ」と答えましょう。今更スポーツバイクなんてのには乗りたくはありません。ゆっくりまったり走るバイクに乗りますから、それは大丈夫です。

「お金はどうするの?」と、聞かれたら一番答えに困っちゃうかなぁ(苦笑)。バイク買うお金があるんだったら、クルマを買い換えたり衣食住を充実させるほうが友好的だし、かみさんだって欲しいものがあるでしょう。いくら余裕があるとはいえ、僕だけの趣味に数十万円を費やすというのは、かみさん的にはよろしくないでしょう……。