やっぱり大型バイクが欲しかった!

勇気を振りしぼってかみさんにリターンライダーになりたいことを報告しました。その結果はというと……

僕:「大型バイクに乗るぞー!」

嫁:「仕方ない! でも高いバイク買ったら容赦せん!」

てな具合で快諾していただけました(笑)。まぁ、実際はかなり僕が腰を低くして様子をうかがいつつOKをいただいたって感じですけれどもね(苦笑)。とにかく、これでようやく先に進むことができます。

最悪のシナリオとしては、大型バイクを却下され、軽二輪で妥協ということも考えていました。決して軽二輪が悪いわけではないのですが、大型バイクも知らずにバイク好きと誇るのはちょっと恥ずかしい気もあります。もし今回大型デビューをスタートできなければ、後悔は絶対していました。

思いは軽二輪から中型、大型へ

生活や家族のことを考えたら、軽二輪、つまりは排気量250cc以下の車検の無いバイクが一番です。車体は安いし維持費も安いですから。大型バイクデビューまでとそれからのリスクを考えたら、軽二輪で乗りたいバイクは無いかと、探しもしました。

一番手っ取り早かったのは、ホンダのFTR。昔はホンダのバイクが好きだったということ、車体が非常に安いということもあり、純粋にバイクに乗りたいだけであればこれで十分でした。もしくはカワサキのエストレヤ。ちょっと値段は高くなってしまいますが、お洒落で満足度が高そうでした。

カワサキのニンジャ250Rあたりも気になりました。フルカウル装着のスポーツですが、搭載されているエンジンは並列2気筒。マイルドで中々面白かったかも知れません。ただ、攻撃的フォルムゆえ、ちょっと私には似合わなかったかもね(苦笑)。

軽二輪ではありませんが、やっぱりまたヤマハのSRもいいなと思いました。リターンしたい! と思ってまず最初に頭に浮かんだバイクも、このSRでしたから。中古なら安いですし、パーツもたくさんあるので安心です。

ただ、中型バイクと大型バイクの維持費ってほぼ同じなんですよね。そこで、大型バイクの誘惑が生まれたわけです。SRでも、400ccではなく500cc版のSRに乗ったら面白そうだ! という考えになったわけです。昔乗っていたバイクにまた乗るというだけでは、あまりにも芸が無さ過ぎるとも思いましたし(苦笑)。

そんなわけで、憧れの大型デビューを決めたんです。