愛車を軽くインプレです

W650が思いのほか安く買え、しかも一括なのでローンの利子もありません。なのでちょっぴりお金に余裕ができました。そういう意味でもW800にしないで正解だったかなという気もします。あちらを買っていたら10万円以上車体価格に差がありましたからね~。って、別に安いからW650で妥協したわけじゃないですよ(汗)!

実際にW800とW650を乗り比べても見たのですが、乗り味としてはW650の方が好きかなと感じました。好みのフィーリングは人それぞれなので大っぴらには言いませんけれども。ま、正直言うとどっちも良かったですよ(笑)。

結局のところ一番の決め手になったのは、キックスターターが付いているかいないか。若い頃にSRに乗っていたので、キックがあるバイクというのがポイントとして非常に高かったんです。W800にキックが付いていたら、話がまた変わっていたでしょうね。

W650を軽くインプレしてみよう

W650を購入して今は1ヶ月ほど経ちました。乗った回数も距離も多くは無いものの、簡単にインプレをしてみようかと思います。

まずはルックス。申し分無しです。バイクはカスタムを施して愛着を高めるのが楽しみの一つではありますが、W650に関してはカスタムの隙を感じさせない。そんな完成度の高いルックスです。強いていえば、購入時から付いているETCがハンドル周りを野暮ったくしているかな? ってくらいです。この先カスタムをするとしても、キャリアとかサドルバッグといった利便性の高いアイテム限定でしょう。

ライディング姿勢も非常に快適です。身長170cmの短足(うるさいわ!)の僕でも、両の足の裏が地面につきます。重量も重く感じないので、立ちゴケの心配はまずありませんね。ハンドルとステップの位置も良好。さすが人体工学を考慮したポジションです。それからシートがタックロールなのでホールド性が良いですね。

走りに関しては、公道をトコトコと走るのが好きな僕にとっては十分です。むやみやたらに高回転を多用せず、マイルドに気持ちよく走れますね。ただ、マイルドに走るのは気持ちよいのですが、飛ばすクルマに煽られるのが面白くありません(苦笑)。車体サイズがスリムなので、無理な追い抜きにも早速遭っています。