サドルバッグかトップボックスか?

前回、W650で道の駅まで走って荷物が積めない不憫さを感じてしまいました。バイクとはいえ、やっぱりちょっとした荷物程度は積めるようにしたいと、サドルバッグかトップボックスの装着をすることに決めました。

それで仕事帰りにバイク用品店を尋ね、アイテムを物色。そしたら値段にビックリ! サドルバッグが4万円とか5万円! しかも片方だけでこの値段です。メーカーはデグナー、レザー製でデザインも素敵なのですが、とてもとても私のお小遣いで購入できるレベルではございません(汗)。

レザーバッグが欲しかったのですが、敷居をぐーんと下げてナイロンバッグを物色。そしたら1万円前後で左右サドルバッグが手に入りそうです。でも、レトロ系のW650にナイロンは似合うのかと考えてしまいました。やっぱりハードなレザーバッグが欲しいです。

合皮バッグという選択もあります。外観はレザーバッグらしく格好良いのですが、材質は合成素材を用いています。なので味という点では劣りますが、利便性はむしろレザーバッグより高そうです。値段は片側で1万円台と、非常にリーズナブル。でも、どうしても妥協できずにとりあえず即決はやめました。

通勤を考えるならトップボックスが一番?

サドルバッグの次にチェックしたのは、トップボックス。こちらはレトロムードを大いに阻害してしまうアイテムですが、ヘルメットが収納できたりと非常に便利。通勤で雨の日も安全に荷物を運びたいという用途を考えれば、こっちの方が断然よさそうです。

金額的には、仮にGIVIボックスの購入を考えた場合はキャリアで約1万円、ジェットヘルメットが余裕ではいる容量サイズのボックスでさらに約1万円。合計2万円もあればトップボックスを装着できます。使わないときはワンタッチで取り外せば、ルックスも阻害されません。サドルバッグよりも良さそうです。利便的にも金額的にも。

気持ち的にはトップボックスの装着に心は傾いていたのですが、ボックスサイズが中々決まりませんでした。安いものを選べば容量が少なくヘルメット1つ入れてお終いです。レインスーツやグローブ、ジャケットといった荷物を入れることを考えると、少し値段を上げて大きなサイズにしたほうが良いのかと、中々決まりません。

この辺は友人にアドバイスを聞いて決めるとしましょう。その場の勢いで即決して後悔しては、お金が勿体無いですからね。ここは1つ慎重に慎重に。