友だちからレザーバッグを入手

「サドルバッグかトップボックスをつけようと思うんだけどさぁ、どっちが良いかな?」

職場の同僚でバイク友だちの友人に相談しました。

「用途にもよるなぁ。通勤重視か?」

「そうだね。どっちかというとそうなると思う。それから雨の日に濡れないようにしたいし」

「じゃあ、ボックスの方が無難だな。お前のW650には似合わないけどなっ。見た目か便利、どっちかを取るかだし」

友人の皮肉が突き刺さりました(苦笑)。そうですよねぇ、そうなんですよねぇ、レトロ系は硬派にレザーサドルバッグとか付けたいですもん、そりゃあ(泣)。ここは1つ実用性を重視して妥協しようとは思うものの、やっぱり後ろ髪は引かれちゃいます。

「そりゃあ、レザーバッグとか付けたいけどさぁ、昨日ショップで見てきたらもの凄く高いのな! びっくりしちまったよぅ」

「仕方ないだろう。牛さんの皮を使ってるんだぜ。それくらいの価値が無ければ牛さんに申し訳ないってもんだろ」

「うーん、でもなぁ、高いよ」

「そんなに欲しいなら、俺のレザーバッグやろうか? かなり汚れてるけど、使う分には困らないし」

「ホントに? ちょうだい!」

なるべくお金を抑えたかった僕には朗報。とりあえず積載を確保できるのであればお古のバッグでも全然問題ありませんしかもレザーバッグならなおさらでした。

使い古したレザーは格好良い

その日の仕事終わり、友人宅にお邪魔してお古のレザーバッグを見せてもらいました。元々はタンカラーの明るい色だったというそのバッグは、汚れや摺れで焦茶色にまで変色していました。底には若干の焼け跡があります。マフラーに触れてしまった後のようです。

「おぉ! かっちょいいなぁ! 本当にくれるのか?」

「いいよ。使ってないし」

「ありがと!」

汚れの上、型も崩れていますが、それが逆に良い味です。サイズは小学生のランドセルの1.5倍くらいの容量。ヘルメットは入りませんが、レインコートやグローブ、ジャケットなど、またちょっとした買い物の荷物も入れられます。

「防水クリームを塗っておけば軽い雨なら問題ないよ。それに雨の日の通勤に使いたいんだったら、ゴミ袋に荷物を入れてそれをバッグに入れれば問題ないよ」

とりあえずは雨の日も使えるようなので、しばらくは通勤にも活躍させられそうです。いやぁ、出費を抑えられた上に味のあるバッグをもらえるなんて、ラッキーでした!